住宅ローンが払えない時は|マンションの買取で損しない方法を伝授|効率の良さが鍵
内観

マンションの買取で損しない方法を伝授|効率の良さが鍵

住宅ローンが払えない時は

間取り

市場価格で売りたい

家を買った時に、将来の昇給を見込んで返済額が段階的に上がっていくタイプの住宅ローンを組む人がたくさんいます。予定通りに給料が上がっていけばよいのですが、それとは正反対の状態になってしまう人が少なくありません。住宅ローンの返済を1回滞らせたぐらいで即座に抵当権を実行されるようなことはありませんが、早い段階で金融機関に相談して善後策を協議しないと、家を競売にかけられることになってしまいます。競売では、市場価格の半値にも及ばない安値で家を処分されてしまいます。住む家を失っても、借金返済だけは続けていかなくてはならないという、非常に厳しい状況に追い込まれてしまうのです。しかし、融資元の金融機関に早く相談すれば、任意売却という方法をとれる可能性が出てきます。任意売却であれば、市場価格で家を処分することが可能になります。多少の借金は残るかもしれませんが、残債額を大幅に減らすことができるため、早く経済的に再生できるようになります。ですので、住宅ローンの返済に行き詰っている人は、早期に融資元に相談して、任意売却の道を探るようにするのが得策です。

どのように売却するのか

住宅ローンを利用して家を購入した場合は、その家の所有権が購入者に移転するのと同時に、融資元である金融機関を債権者とする抵当権が設定されます。この抵当権が抹消されるのは、担保されている債務が完済された時です。つまり、住宅ローンが完済されない限り、抵当権は残り続けることになります。しかし、住宅ローン残債がある家を売却する際には、この抵当権が邪魔になります。残債額を超える価格で家を売って売却代金で抵当権を抹消してしまうのがベストですが、そうできないからこそ任意売却という手段を選んでいるわけです。結論から言うと、融資元の金融機関に相談して協力を仰ぐことになりますが、個人が単独で交渉しても、それに応じてくれる金融機関はほとんどありません。そのため、多くの人が任意売却の専門業者を利用しています。プロの業者が間に入ることで、任意売却の手続きをスムーズに進められるようになります。